新宿区神楽坂の坂本歯科クリニックでは正確な診断と治療を行うためにマイクロスコープ、拡大鏡を使用しています。

レーザー機器を使用して患者さんの口腔内に優しい治療を行っています。

新宿区神楽坂 坂本歯科クリニックの診療内容
新宿区神楽坂 虫歯治療
新宿区神楽坂 入れ歯(義歯)
新宿区神楽坂 歯周病治療
新宿区神楽坂 歯のクリーニング(PMTC)
新宿区神楽坂 定期歯科検診
東京都新宿区神楽坂 インプラント治療
東京都新宿区神楽坂 マイクロスコープ レーザー治療
新宿区の歯科健康診査とフッ素塗布事業のご案内
東京都新宿区神楽坂の坂本歯科クリニックへのお問合せとアクセス方法
坂本歯科クリニック公式ホームページのサイトマップ
新宿区神楽坂 坂本歯科クリニックのスマホサイトQRコード
正確な診断と治療のために
 当院では、正確な診断と治療を行うために高倍率ルーペ(拡大鏡)とマイクロスコープ(顕微鏡)を使用しています。

また治療では、必要に応じてレーザー治療機器を使用することもあります。
高倍率ルーペ(拡大鏡)、マイクロスコープ(顕微鏡)、歯科用口腔内カメラ、歯科専用レーザー治療、ダイアグノデント、歯科専用レントゲン
高倍率ルーペ(拡大鏡)
高倍率ルーペ(拡大鏡)の写真
最大10倍率の高倍率ルーペ(拡大鏡)
 高倍率ルーペ(拡大鏡)は最大10倍まで倍率を上げて患部を見ることができます。
新宿区神楽坂 坂本歯科クリニックでは口腔内の治療とメンテナンスには必ず高倍率ルーペ(拡大鏡)を使用しています。
 虫歯は細菌(ミュータンス菌)が原因となる感染症の治療です。
一度でも虫歯になってしまった歯がもとの健康な歯にもどることはありません。

 そのため虫歯治療は歯牙から感染した細菌を徹底的に取り除く必要があります。もしも虫歯になった歯牙に細菌を取り残してしまった場合には、必ず数年後にその細菌が再活動して繁殖し「酸」を発生して歯を溶かします。

非常にゆっくりと進行してほとんど痛みがなく気づく人はほとんどいません。
高倍率ルーペ(拡大鏡)を使用することにより感染した細菌をきれいに取り除くことが可能となります。
 また被せ物の正確な型取り、適合状態、仕上げはもちろんのこと審美性においても部位を拡大して見ることはその効果を発揮します。
被せ物などを装着する際には、
拡大して調整することにより機能的だけでなく審美性を高めることも可能となります。
マイクロスコープ(顕微鏡)
マイクロスコープ(顕微鏡)の写真@
最大40倍率のマイクロスコープ
 マイクロスコープ(顕微鏡)は最大40倍まで倍率を上げて患部を見ることができます。
裸眼、または高倍率ルーペ(拡大鏡)でも確認が難しい状況でも最大で最適な倍率で有効な情報を収集が出来て診断と治療に役立ちます。
特に難治性の根幹治療にはマイクロスコープ(顕微鏡)が有効です。
 虫歯でもないのにいつまでも痛みや不快症状が続く場合などは、まず原因を突き止めるための的確な診断が必要となります。
マイクロスコープ(顕微鏡)により発見できる主な症状
※マイクロクラック=エナメル質に見られる細かなひび割れ・亀裂のこと。
※側枝=根管1本の中の大通りの他に枝道が何本もある。
 通常のレントゲンなどのX線でも確認することが難しいものをマイクロスコープ(顕微鏡)を使用することにより発見することが可能となります。

これらを初期段階で確認できれば早期解決につながると同時にきちんとした治療をすることが可能となります。
マイクロスコープ(顕微鏡)の写真A
マイクロスコープ(顕微鏡)の写真B
歯科用口腔内カメラ
歯科用口腔内カメラの写真
 口腔内の患部を拡大してモニターへ映すことができます。
マクロから歯列弓まで撮影が可能なため患者さん自身も口腔内の状態を確認することができます。
新宿区神楽坂 坂本歯科クリニックの虫歯治療について
当院では虫歯治療を行う場合には必ずう蝕検知液を使用します。
う蝕検知液のイラスト これは肉眼では見えない細菌を染め出しすることで虫歯の部分と健康な部分を明確に区別して虫歯だけを取り除きます。


そして治療後の処置でも倍率を上げて見る必要があるので高倍率ルーペ(拡大鏡)やマイクロスコープ(顕微鏡)を使用します。
歯科専用レーザー治療
歯科専用レーザー治療は幅広い使用目的と効能・効果が薬事承認されています。
当院に常設してあるレーザー治療機器は2種類あります。
Er.YAG(エルビウムヤグ)レーザー
 レーザー治療は、レーザーの種類により治療できる範囲が限られています。
このEr.YAG(エルビウムヤグ)レーザー治療機器は初期の虫歯治療と歯周病手術時の歯石除去には保険が適用されます。
それ以外の治療は保険適用外となります。
Er.YAG(エルビウムヤグ)レーザー機器の写真
Er.YAG(エルビウムヤグ)レーザーはこんな症状の治療に役立ちます。
 医療用具には厚生労働省によって使用できる治療が決められています。
下記のものは使用が認可されたものです。
虫歯治療
 患部をレーザーで蒸発させて治療をします。
虫歯になった場所のみを蒸発させるので歯質を最大限残すことができます。
歯石除去
 歯周病の原因のひとつである歯石をきりきりと歯の表面やポケット内をこすることなく除去します。
歯周病治療
 レーザーは殺菌力強いのが特長です。
歯周ポケット内にレーザーを照射してポケット内の歯周病の原因である歯周病菌などを除去します。
歯茎の黒ずみの除去(色素沈着)
 口腔内の歯茎の黒ずんだ色素(色素沈着)をレーザーで除去します。
お水を流しながらレーザーを照射しますので痛みの発生が少なくきれいに除去できます。
歯肉の切開・切除
 口腔内にできた余計な組織をレーザーで切開し除去します。
レーザーは熱で組織を切開するので蒸発しません。
そのため歯肉にダメージがほどんどありません。
口内炎
レーザーを照射すると短時間で口内炎の痛みが無くなり消滅していきます。
小帯切除
小帯のイラスト 子供などに多くみられる余分な筋みたいなものを切除します。レーザーで余分な筋を切除して大きく正常に口を開けられるようにします。
【参考サイト】YAGレーザー臨床研究会
炭酸ガスレーザー(Co2レーザー)
炭酸ガスレーザー(Co2レーザー)機器の写真
使用する主な症状は下記の通りです。
炭酸ガスレーザー(Co2レーザー)を使用する主な症状一覧
当院では主に歯周病の処置に使用しています。
切開や止血効果が高いため中期〜後期の歯周病治療に対して効果を発揮します。
ただし、炭酸ガスレーザーは保険適用外となります。
ダイアグノデント
ダイアグノデントの写真
今までの初期の虫歯検査の内容は視診、触診、X線診が主でした。
しかし、このダイアグノデントを使用するようになってから従来の検査方法よりもかなり高い確率で初期の虫歯を発見できます。
また触診時に歯を痛めずに検査ができます。
再石灰化を阻害する可能性がありません。
歯科専用レントゲン
パノラマ・歯科用CT(3D)レントゲン
パノラマ・歯科用CT(3D)レントゲンの写真
パノラマ・歯科用CT(3D)レントゲン撮影後の写真
 コンピューターによるデータ処理と画像の再構成で断層写真を撮ることができるレントゲン装置です。
パノラマ・歯科用CT(3D)レントゲンの主な特長は、
安全な(3D)レントゲン撮影
通常のレントゲンよりも撮影時間がかなり短いので被ばく線量が低水準で安全です。
正確な診断に役立つ
 2次元レントゲン写真では把握し難い場合でも正確な診断が可能となります。
特にインプラント治療には必要不可欠となるレントゲンです。
デジタル・デンタルレントゲン
デジタル・デンタルレントゲンの写真
新宿区神楽坂 坂本歯科クリニックの電話番号:03-3269-4065
東京都新宿区神楽坂の坂本歯科クリニックへのお問合せとアクセス方法
新宿区神楽坂 坂本歯科クリニックへ電車でご来院の場合 都営大江戸線牛込神楽坂駅 A3出口から徒歩2分 東京メトロ東西線神楽坂駅 神楽坂口から徒歩5分 JR総武本線飯田橋駅 西口から徒歩7分 東京メトロ東西線飯田橋駅 B3出口から徒歩7分 東京メトロ有楽町線飯田橋駅 B3出口から徒歩7分 東京メトロ南北線飯田橋駅 B3出口から徒歩7分
このページのトップへ戻る
東京都新宿区神楽坂 坂本歯科クリニック