新宿区神楽坂の坂本歯科クリニックではインプラント治療をご検討中の方にインプラント治療についてのカウンセリングを行っています。

インプラントのメリット、デメリットと治療の流れについてご説明しています。

新宿区神楽坂 坂本歯科クリニックの診療内容
新宿区神楽坂 虫歯治療
新宿区神楽坂 入れ歯(義歯)
新宿区神楽坂 歯周病治療
新宿区神楽坂 歯のクリーニング(PMTC)
新宿区神楽坂 定期歯科検診
東京都新宿区神楽坂 インプラント治療
東京都新宿区神楽坂 マイクロスコープ レーザー治療
新宿区の歯科健康診査とフッ素塗布事業のご案内
東京都新宿区神楽坂の坂本歯科クリニックへのお問合せとアクセス方法
坂本歯科クリニック公式ホームページのサイトマップ
新宿区神楽坂 坂本歯科クリニックのスマホサイトQRコード
東京都新宿区 坂本歯科クリニックのインプラント治療
インプラントの構造図
 当院は患者さんが安心して安全なインプラント治療を受けて頂けるように経験豊富なインプラント認定医と連携して治療を行っています。
≫インプラント認定医の詳細は『スタッフ紹介』ページをご覧ください。
坂本歯科クリニックのインプラント治療の概要
インプラント治療のメリット
健康な歯を削らなくて済む。
 ブリッジとは異なり健康な歯を削ることはありません。
 また周辺の歯にも負担をかけることもありません。
入れ歯とは違い自然な感じで日常生活が送れる。
 入れ歯とは異なり食事を含めて自然な感じで日常生活が送れます。
※インプラントを使用した入れ歯もあります。
 詳しくは入れ歯ページをご覧ください。
 ≫インプラントオーバーデンチャー(入れ歯ページへリンク)
インプラント治療のデメリット
インプラントを埋め込むための手術が必要。
 インプラント(土台)を埋め込む手術が必要となります。
 そのため患者さんの健康状態によりインプラントの手術が行えない場合もあります。
※全身疾患がある方は治療が出来ないことがあります。
すぐに口腔内の機能回復はしない。
 インプラントの手術後にすぐに口腔内の機能回復はしません。
口腔内の機能が回復するまでには主に食事制限があります。
機能回復までに必要な期間の目安は、
おおよそ4ヶ月〜6ヶ月ほどです。
※機能回復までの期間には個人差があります。
口腔内のメンテナンスが必要。
少なくとも3ヶ月に1回は口腔内の検査やメンテナンスが必要となります。
インプラント治療は費用が高い。
自費治療となるために保険治療とは異なり費用が高くなります。
インプラント治療の流れ
インプラント治療の流れは下記の通りです。
インプラントの構造サンプル
ステップ1:口腔内適合検査

ステップ2:治療計画

ステップ3:手術(2回)

ステップ4:口腔内の型取り

ステップ5:セラミック製の歯を装着

ステップ6:セルフケアのチェック
“インプラント治療の流れ”各ステップの説明
ステップ1:インプラント治療の口腔内適合検査を行う。
 患者さんがインプラント治療が可能か否かの適合検査を行います。
口腔内だけでなく身体も検査の対象となります。

疾患がある場合には治してからインプラント治療を行います。
インプラント治療が不適合だけど状態により可能な方。
・口腔内の自己管理ができない方。(手入れの状態が悪い人)
・進行性の歯周病の方→治療完了後に適合の判断を行う。
・喫煙者(ヘビースモーカー)の方→禁煙すれば可能。
・骨粗鬆症の治療中の方→治療終了後には可能。
・高血圧症の方→コントロールしていれば可能。
・糖尿病2型の方。
全身疾患の場合には担当内科医と相談の上判断致します。
インプラント治療が不可能な方。
・心不全を伴う重い心臓病。
・血症板減少症、白血病などの血液疾患。
・糖尿病1型、免疫疾患、人工透析をしている。
・放射線治療、ホルモン治療を受けている。
・重度の骨粗鬆症。
・重度の肝疾患。
これらの疾患をお持ちの方はインプラント治療はできません。
また、健康でも骨が成長途中の十代の若い方はできません。
インプラント治療の計画を立てる。
レントゲン写真のサンプル
 レントゲン撮影と患者さんの口腔内の設計模型を製作してシミュレーションを行い治療計画を立てます。
この時点で
インプラント治療の方針・費用・おおよその期間
が決まります。
当院ではこの時点である程度の時間をかけて患者さんに治療を行うか否かの判断をして頂いています。
ステップ1〜2までの費用(保険適用外)=15,000円(税別)
そして当院の治療方針(治療計画、費用、おおよその期間)に
患者さんが納得して同意して頂いた場合のみインプラント治療を開始します。
インプラント治療の手術を行います。
インプラント治療中はおせんべいとフランスパンなどは食べられません。
手術は主に2回法で行います。

1回目の手術後から食事制限が開始します。
主に硬い食べ物を控えて頂きます。

たとえば、おせんべいやフランスパンなど。
1回目のインプラント手術

 インプラントを顎に埋め込むための1回目の手術を行います。
インプラントの構造サンプル
1回目は顎にインプラントを埋め込む手術
CGFとAFGをインプラントと顎の骨の間に入れる


 当院では1回目の手術でインプラントを埋め込む際に患者さんの血液を採取してCGFとAFGを作製して使用します。

顎の骨とインプラントの間にCGFとAFGを入れることにより親和性が高まり手術による傷の治りを促進する再生療法です。
CGF(Concentrated Growth Factors)
 患者さんから採血した血液を遠心分離機にかけて傷口をふさいで出血を止め治りを促進するフィブリンを人工的に作製します。

そしてゼリー状になったフィブリンゲルを押しつぶし人工膜(メンブレン)として使用する再生療法です。
AFG(Autologous Fibrinogen Glue)
患者さんから採血した血液を遠心分離機にかけて抗凝固剤を加えていない血漿(けっしょう)を作製します。

この血漿に人工骨を混ぜてゲル状になったものを使用する再生療法です。
2回目のインプラント手術
 1回目の手術から3ヶ月〜6ヶ月の間隔を空けてインプラントを口腔内に露出させる手術を行います。
2回目の手術でインプラントを口腔内に露出させる。
 当院では、インプラント手術でも患者さんに安心して治療を受けて頂けるように歯科医師の技術面だけでなく医療機器などの設備面でも万全を期しています。
詳しくは下記ページをご覧ください。
東京都新宿区神楽坂 マイクロスコープ(顕微鏡)、高倍率ルーペ(拡大鏡)、レーザー治療
ステップ4:口腔内の型取りを行います。
セラミック製の歯とアパットメントのサンプル

2回目の手術を終了してから一週間〜二週間後に口腔内の型取りを行います。

型取り後にすぐにアパットメントとセラミック製の歯の製作を開始します。
ステップ5:インプラント治療の完了。
 三週間後に完成したアパットメントとセラミックの歯を装着して適合状況や噛み合わせの確認を行い完了となります。

この時点で食事制限は解除となります。
完成したアパットメントとセラミックの歯を装着する手順
ステップ6:口腔内のセルフケアのチェックを行います。
定期的に当院へ来院して頂き口腔内の検査を行います。

※来院間隔は口腔内の状況により個人差があります。
新宿区神楽坂 坂本歯科クリニックのインプラント適合検査前の無料相談について
 インプラント治療に興味があっても疑問や不安なことなどをお持ちの方も多いと考えています。

そのため当院では下記の方を対象に無料相談を行っています。
インプラント治療に興味があるけど疑問や不安がある方。
インプラント治療を検討しているけど疑問や不安のある方。
この無料相談は、主に相談者さんのご質問にお答えするものです。
お気軽にご利用ください。
インプラント治療に関する無料相談の実施要項
・当院の診療時間内に実施しています。

・相談時間:約15分〜30分

・予約の際には「インプラントの無料相談希望」とおしゃってください。
※必ず電話で予約をしてください。
新宿区神楽坂 坂本歯科クリニックの電話番号:03-3269-4065
東京都新宿区神楽坂の坂本歯科クリニックへのお問合せとアクセス方法
新宿区神楽坂 坂本歯科クリニックへ電車でご来院の場合 都営大江戸線牛込神楽坂駅 A3出口から徒歩2分 東京メトロ東西線神楽坂駅 神楽坂口から徒歩5分 JR総武本線飯田橋駅 西口から徒歩7分 東京メトロ東西線飯田橋駅 B3出口から徒歩7分 東京メトロ有楽町線飯田橋駅 B3出口から徒歩7分 東京メトロ南北線飯田橋駅 B3出口から徒歩7分
このページのトップへ戻る
東京都新宿区神楽坂 坂本歯科クリニック